セール
釣果速報

2019年04月27日

※和歌山店周辺の釣況!!※



★和歌山店周辺の釣況♪


▼カタクチイワシ

田ノ浦漁港、雑賀崎周辺にてサビキ釣りで良く釣れています。

連日、漁港内で群れが確認でき、良い人は三桁以上釣っています。

サビキのハリは0.8~2号くらいまで、または専用の仕掛けがオススメです!

釣ったイワシをエサにしてスズキやヒラメの釣果も期待できそうなので

ノマセ釣りの仕掛けを用意しておくのも良いかもしれませんね!

食べておいしい、釣って楽しいカタクチイワシ!このGWに皆さんも是非出かけてみては如何でしょうか?



▼チヌ

紀ノ川河口周辺、水軒でフカセ釣りまたは紀州釣りで数が上がっています。

エサは、オキアミまたはボケがオススメ

乗っ込みシーズン最盛期!ビッグサイズを狙うのは今がチャンス!!


image2 (14).jpeg

▼キス

紀ノ川河口にて、20~25cmクラスがボチボチ釣れています。

型は良いですがまだ少し群れが遠いようで遠投して狙います。

良い人で10~15匹、エサは石ゴカイです。

これからに期待!!


▼中アジ・中サバ

紀ノ川河口、水軒、マントンバース周辺にて中アジ・中サバがカゴ釣り、サビキ釣りで釣れています。

アジは15~25pクラスを中心に朝夕が一番よく釣れており、サバは30~40pクラスとその日によって型が大きかったり小さかったりとムラがあります。サビキのハリは6~8号がメインです。



▼メバル

紀ノ川河口、水軒周辺にて良型が釣れています。

主にシラサエビを使ったエビ撒き釣りや電気ウキを使った夜間の流し釣り、

小型のプラグやジグヘッドワームを使ったメバリングでも良い型が上がっています。




▼ガシラ

紀ノ川河口、水軒をはじめ各釣り場で釣れています。広範囲を探り歩くのがコツ。胴付仕掛けや、ブラクリ、穴釣りで。

エサは青イソメやオキアミ。

image4 (4).jpeg



▼ヒラメ

各釣り場のイワシについて入ってきています。30〜40cm級超がアベレージ。釣ったイワシの飲ませ釣りで。底付近を狙って下さい。専用の市販仕掛けもございます。


▼マゴチ

紀ノ川河口、土入川河口付近でバイブレーションやジグヘッドワームのボトム狙いで釣れています。

バイブレーションはメタルバイブなどを使い沖目のブレイク周りを狙うと良いでしょう

手前は、10~15gほどののジグヘッドワームでテンポよく打ちながらランガンするのがオススメです!


DSCN0071.JPG


▼スズキ

和歌山市内各河川で釣果が上がっており、中でも紀ノ川は稚鮎の遡上があり

特に大雨後の濁りが入った時が狙い目でパターンをつかめば二桁近い釣果を得られることも!

これからどんどんベイトも大きくなっていくのでベイトに合わせたルアー選択が釣果に結び付きます。


image4 (9).jpeg


▼メジロ(ブリ)・サゴシ

加太、紀ノ川河口、田ノ浦、水軒沖一文字にて釣果があります。

加太周辺の青物は減ってしまいましたが、紀ノ川河口ではノマセ釣りでボチボチメジロクラスが上がっています。

水軒沖一文字ではイワシの回遊があればブリクラスまでがルアーで釣れています。

田ノ浦ではカタクチイワシの群れについてサゴシの回遊があり、メタルジグなどで釣れています。


DSCN0063.JPG


▼アオリイカ

今年もいまひとつ不調ですが、下津ピアーランドや有田、湯浅周辺で釣果有ります。エギングや泳がせ釣り。



▼タチウオ

水軒、水軒沖一文字にてテンヤを使った引き釣りで釣果あります。

多い人で、5~10本ぐらい。

日によってムラがあり釣果が安定しだすのはもう少しかかりそうです。。

DSCN0076.JPG


▼チニング

和歌川、浜の宮周辺で釣れ出しました。キビレも多いです。まだシーズン始めですが、これから日に日に良くなります。


posted by スタッフ at 09:19| 和歌山 ☁| Comment(0) | 和歌山店釣果情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。